またたび速報

ゲーム、音楽、スポーツ、競馬など、エンタメ系の記事をお届け。

競馬

【G1】東京優駿(日本ダービー)2015の予想

今年もいよいよこの日がやって参りました!
今日は日本ダービー。
3歳王者決定戦です。

東京2400mという、スタミナ・スピード共に要求されるコースで、
1時間半後に三歳王者が決まります!

東京優駿(日本ダービー)の予想

◎ドゥラメンテ
○リアルスティール
▲サトノラーゼン
△ポルトドートウィユ
△サトノクラウン
△アダムスブリッジ
△キタサンブラック

皐月賞1・2着のドゥラメンテとリアルスティールの力が抜けていると考えています。
ドゥラメンテの能力は皐月賞を見れば明確。
共同通信杯ではリアルスティールに先着を許していますが、
スローペースでドゥラメンテよりリアルスティールが前にいましたので、
展開的にはリアルスティールが有利でした。

皐月賞のように、スタミナも要求される展開になればドゥラメンテと他の馬の差が明確になってきます。
ダービーでは2400mという距離に加え、スピリッツミノルがペースを引っ張る可能性が高いです。
スタミナが要求される展開になる可能性は高いと考えていますので、
やはり本命はドゥラメンテ。

対抗はリアルスティール。
こちらもスタミナは十分。
皐月賞では3着以下を2馬身半離しています。
しかし、ドゥラメンテと比較するとこちらが一歩下がるかな、といったところ。
ドゥラメンテ>リアルスティール>>>他馬
というイメージです。

単穴以下は横一線だと考えています。
比較的速いペースでありながらラスト1Fが11.6秒と、
レベルの高いレースになった京都新聞杯組。
ラップタイムで比較したところ、サトノラーゼン・ポルトドートウィユは皐月賞3~8着馬と同程度の能力レベルと判断しました。

青葉賞馬レーヴミストラルは印を外しました。
今年の青葉賞はレベルが低いと考えています。
今年の青葉賞はかなりペースが遅かったので、ドゥラメンテやリアルスティールと勝負するには、あのペースなら33秒台前半の脚を使えるような能力が必要。
また、3走前には後に京都新聞杯を勝つサトノラーゼンに完敗しています。
人気はレーヴミストラルの方が上になっていますが、能力的にはサトノラーゼンの方が高いですよ!

穴にはアダムスブリッジ。
若駒ステークスではスローペースではありますが、ラスト3F3つとも11秒台前半を記録するハイレベルなラップになったレースを勝っています。
若葉ステークスでは馬場が重かったため参考程度ですが、京都新聞杯2着のポルトドートウィユに先着。

以上、日本ダービーの予想でした!

-競馬