またたび速報

ゲーム、音楽、スポーツ、競馬など、エンタメ系の記事をお届け。

競馬

【競馬】ジャパンカップ(G1)2015の予想

こんにちは。
ジムノです。

今週はジャパンカップ!
現役最強クラスのメンバーに、海外の強力な馬も加わってのドリームレース。
昨年はエピファイネイアの圧勝。
今年はどの馬が勝つのでしょうか。

私の予想はこちら!

◎ラブリーデイ
○ミッキークイーン
▲アドマイヤデウス
△ペルーサ
△サウンズオブアース
△ショウナンパンドラ

本命はラブリーデイです。
ここ半年の充実ぶりは素晴らしいですね。
現在G1二つを含む4連勝中です。
秋天は差し・追い込み馬が殺到する中、先行して押し切る、着差以上に強い内容でした。
それ以上に衝撃を受けたのは京都大賞典のパフォーマンス。
レースは重賞級の馬にとってはかなり遅いペースで進みました。
ラブリーデイは上がり32.3秒の衝撃の末脚で勝利。
2400mのレースで、上りが32秒台前半というのは高速馬場を含めてもなかなか数年に一度しかお目にかかれない数字です。
現状の能力では、間違いなく日本最強馬。

対抗はミッキークイーン。
この馬は古馬・牡馬とは初対戦になるので未知数なところもありますが、斤量は他の馬より4キロも軽い53キロ。
前走は秋華賞を1分56秒台で勝ち、時計的にも優秀なのですが、一緒に走った3歳牝馬達も1分57秒台前半で走っていることから、1分56秒台を鵜呑みにすることはできません。
とはいっても、高速馬場であることを考えても1分56秒台は並の馬では出せない時計。
ハンデも軽いので、警戒は必要だと考えます。

ここまでの2頭は人気通り。
もう一頭の人気馬ゴールドシップは切ります。
ゴールドシップが得意としているのははタフな馬場や、スタミナの求められる長距離戦で、上がりの掛かる展開。
今回は逃げ馬が少なく、速いペースになる可能性は低そうなので、上位入線は苦しいと考えています。

穴にはペルーサとアドマイヤデウス。

ペルーサは前走全盛期に近いパフォーマンスを見せてくれました。
もしかしたら一発あるかも。

アドマイヤデウスは前走の秋天が半年ぶりのレース。
追い込み馬ではないのですが、最後方から競馬を進めました。
明らかに勝つ気はなく、次に向けて現時点の仕上がりでどこまでやれるか、を見極めているレースだったように感じました。
しかし、上がりは最速タイの33.4秒を記録しており、悪いパフォーマンスではありませんでした。
そして、その「次」が今回のジャパンカップ。
今年の始めには2400mの日経新春杯、2500mの日経賞で強い馬を完封して連勝しており、2400mは最も得意としている距離。
春の天皇賞では3番人気に推された実力馬なので、本調子に戻ればこのメンバーが相手でも十分やれるはず。
それにまだ4歳。春よりパワーアップしている可能性もあります。

以上、ジャパンカップの予想でした!

-競馬