またたび速報

ゲーム、音楽、スポーツ、競馬など、エンタメ系の記事をお届け。

競馬

【G1】天皇賞(春)2015の予想

今日はいよいよ春天ですね!
3連覇がかかっていたフェノーメノの回避は残念ですが、それでも好メンバーが揃っています。

3200mという、日本の競馬ではあまりレースが存在していない長距離戦となる天皇賞(春)。
ゆえに、波乱が起きることも多いレースです。
果たして今年はどうなるのでしょうか。

天皇賞(春)2015の予想

◎キズナ
○サウンズオブアース
▲アドマイヤデウス
△フェイムゲーム

本命はキズナ。
昨年のこのレースは4着に敗れているものの、直線での末脚は他の馬より一段上のものでした。
敗因は位置取りと外を回ったことだけだと思います。
能力的には間違いなくメンバー1。
なるべくロスなく競馬ができれば一番勝利に近いのはこの馬。

対抗はサウンズオブアース。
昨年の菊花賞の2着馬。
菊花賞はかなりの高速馬場で、レコードタイムを大幅に更新となりました。
今回のレースも高速馬場が想定されます。
菊花賞は今回と似た条件で行われるレースですので、力を出し切れる舞台です。
また、前走の日経賞では4着に敗れたものの、鋭い末脚を見せ、決め手も十分なことを証明しています。

単穴はアドマイヤデウス。
非常に素晴らしい内容で日経新春杯、日経賞を連勝。
ラップタイム、通過順位、上がり3Fタイムで見ると、その内容はまさしくG1級の馬のもの。
ここでも上位争いは間違いないと思います。

穴にはフェイムゲーム。
前走のダイヤモンドステークスはメンバー唯一の34秒台の上がりを繰り出し、完勝。
昨年のアルゼンチン共和国杯でも似た勝ち方をしており、中距離以上では非常に力があります。
AJCCは12着に敗れていますが、展開によるところが大きいので気にしなくていいかと思います。

-競馬